〜当ブログを訪れて下さった皆様へ〜

  ・このブログは、平成19年8月17日に開設致しました。
  
  ・受験暦
   第54回 簿記B 財表B     (資料のみ独学SE⇒会計事務所)
   第55回 受験せず        (試験直後に現奥様と付き合う)
   第56回 簿記D          (試験直前に事務所退職)
   第57回 簿記○ 財表○ 消費○ (1年専念)
   第58回 法人C 相続B     (1年専念も撃沈&結婚)
   第59回 法人A          (就職&奥様妊娠)
   第60回 法人○          (長男誕生)
   第61回 相続B          
   第62回 相続A          
   第63回 相続○          (やっと・・・)
  
  
  ・おあは、オアシスが大好きなのでおあです。



〜閉鎖中〜

2007年08月26日

簿記論と財務諸表論の絡み


今日は簿財の絡みについて。

そういえば、中華航空機一気通貫したらしいですね。
さすがに中国なんですねぇ。どうせなら清一色までいきましょう。
・・・不謹慎ですね。。死者が出ずなによりでした。。

皆様の一ポチが、非常にブログ更新の励みになっております。(段々クリックしてくれる方が増えてきました!ありがとうございますm(__)m)

よろしくお願いします。m(__)m
↓↓↓

blogranking_s50.GIF

もう一ポチお願いしますm(__)m
↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログへ


現在のランキング
BlogRanking 「資格・スキルアップ」     14位 (昨日18位
    〃     「総合ランキング」      ランク外 (昨日ランク外
日本ブログ村 「資格ブログランキング」     4位 (昨日6位
    〃     「国家試験ランキング」  3位(昨日 4位
    〃     「総合ランキング」     2,002位(昨日 2,526位
SeeSaaBlog  「総合ランキング」    4,668位 (昨日4,840位

一ポチするだけで自動的におあが満貫になる仕組みです



いつものファイル
↓↓
ランキングとアクセス解析


本題ですが、みなさんご存知の通り簿記論財務諸表論は、相当な勢いで絡んで来ます。いえ、絡んでいます

もちろん簿記論の問題には計算しかありませんので、その絡みということになります。
ですので、勉強方法についても無駄は極力省きましょう。
ただ、全てが全て計算だけの絡みではなく、理論の各論辺りでは思いっきり計算とリンクしたりするので、意識しながら
そういう理論は覚えると効率的です。

例えば、その他有価証券がなぜ時価評価なのか、とかとか。
理論を覚えてれば、アレとアレの中間の性格にしちまうから、金融の評価の基本的考えに沿ってうんたらかんたらってのは問題なく押さえられます。
まぁ簿記論をしっかりこなしていれば、全然意識せず体に入ってますが。。迷ったりしたら理論に帰ってみるのもアリ程度で。

それはそれでいいのですが、ではどのように問題を解くのか、というところです。

1.目標地点本試験に合格することです。
2.合格するために必要な力を身に付けることが必要です。
3.その必要な力に達する問題量をこなすことが必要です。
4.その力には、理解・暗記・スピード・正確性などがあります。
5.どの部分のどれが欠けているかは、総合問題や模試等で確認できます。

まずは都度自分の状態を把握することが不可欠だと思います。
そしてその具体的な方法ですが、以前にも書きましたが、
いかに効率よく自分のミスりやすいポイントを体に染み込ませるか
ということに主眼をおいて解くことを考えるとやはり、ミスノート等を作るべきだと思います。

僕はそれが何冊になるか分からないし、問題を確認したくなったら引っ張り出すのは一緒なので、
解答・解説のほうに付箋を張る形で間違い箇所を残して行きました。

で、何度も確認していました。付箋を読んでいくだけなので、一冊15分とかかりません。
問題は書き方ですが、それを読むと答えが分かってしまうくらい具体的に書きすぎず、また、後で読んで意味不明とはならないくらい抽象的・汎用的に書く必要があります。

それは慣れだと思います。

そして、一番重要なのが、付箋を貼った後、次回解くときにはこの付箋を読んでから問題を解く、ということです。もちろん総合問題の話ですが。。

自習時に必要なのは今の実力を知ることではないと思います。
先ほどの通りいかに効率よくミスポイントを体に染み込ませるかです。

一度間違えた問題の付箋を貼って、もう一回解いたときにまた同じミスをしては全く学習の意味がありません

また、この方法を試すと分かるのですが、解答前に付箋を見ても全く答えを見た感覚にはなりません
むしろ、前からその論点について知ってたという感覚になります。
やはり書き方が問題ではあるのですが、この感覚になると模試等でも十分身についてる感が実感できました。

多分に主観的な要素が含まれてはいるのですが、実際M氏などはこのやり方を効率的だと、気に入ってくれて取り入れてくれてます。。


また次回。

皆様の一ポチが、非常にブログ更新の励みになっております。
よろしくお願いします。m(__)m
↓↓↓

にほんブログ村 資格ブログへ

↓↓↓
blogranking_s50.GIF

おあは、みなさんのクリックのおかげでカラオケも絶好調です。
posted by おあ at 07:06| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 簿記論&財務諸表論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ただいま帰りますた。

実は。。。水曜から自宅に帰っておらず。。。
なかなか"おあ"さんのブログ訪問できんでした。

そして報告!!
つつつついに☆ブログサイトができました。
プロバの即席3分でブログですが。。。

これからみなさんよろくね。

http://homare2007.mediacat-blog.jp/

です〜。

ほかの皆さんもブログサイトあったら教えてほしいです。
よろしく〜
Posted by at 2007年08月26日 13:05
誉さん、おかえり。(笑)

ブログ始めたんだね。
さっそくお邪魔します。

頑張り過ぎないように頑張って下さい〜。
Posted by おあ at 2007年08月26日 14:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52754981
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。